アルコール消毒液は継ぎ足し・混ぜても大丈夫?詰め替え時の注意点とは?

スポンサーリンク
アルコール消毒液 継ぎ足し 混ぜて お部屋のお掃除
この記事は約4分で読めます。

コロナが流行り始めてから、必須アイテムとなった「アルコール消毒液

あちこちに設置されているのはもちろん、日々持ち歩いている人も多いですよね。

そんなアルコール消毒液ですが、使い終わったら(液がなくなったら)どうしていますか?

継ぎ足し?詰め替え?買い替え?

コロナが流行る前はあまり使用していなかったので、どうしたらいいのか正解がイマイチわからなかったりしますよね(>_<)

今回はそんなアルコール消毒液について、継ぎ足しはOKなのか、混ぜても大丈夫なのかと合わせて、詰め替え時の注意点をまとめてみました!

良かったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

アルコール消毒液は継ぎ足しOK?

アルコール消毒液 継ぎ足し 

アルコール消毒液が少なくなった時、どうしていますか?

「同じものだから、いいよね♪」と、継ぎ足していますか?

それとも新しく買い替えていますか?

 

アルコール消毒液を使う頻度は高いので、そのまま継ぎ足しができたらすごく楽なのですが、実はこれはあまりおすすめできない行為なんです。。。

継ぎ足そうとして容器を開けたときに、細菌やホコリが入ったり、アルコール消毒液が汚染されたりしてしまうことがあります。

それだけではなく、まだ残っているアルコール消毒液の濃度が下がってしまっている可能性も……。

アルコールの濃度が下がってしまうと、十分な消毒・除菌効果が期待できなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

もし同じ容器を使いたいのであれば、使ったままの状態で継ぎ足していくのではなく、容器を水道水などでキレイに洗浄して乾燥させ、改めて入れなおす(詰め替える)ようにしましょう!

その際、同じ容器をずっと使い続けるのではなく、いくつかの容器をローテーションして使うことをおすすめします。

アルコール消毒液は混ぜても大丈夫?

アルコール消毒液、同じものが買えなくて、違うものを入れちゃおうかな~?なんて、思うこともありますよね^_^;

同じ成分なら問題がないこともあるようですが、アルコール消毒液に限らず、他の製品と混ぜてしまうことで、予想もしていないトラブルが発生してしまうこともあります。

継ぎ足しをするのを避けた方がいいように、安全を優先して、他の製品と混ぜることもできれば避けてくださいね。

アルコール消毒液、詰め替え時の注意点2つ!

アルコール消毒液の継ぎ足しは、NGだとわかりましたが……。

アルコール消毒液対応の、キレイな容器への「詰め替え」は可能です!

同じ容器を洗浄して詰め替えるのはもちろん、別のキレイな容器に詰め替えることもできます。

ではアルコール消毒液を詰め替えるときは、何に気をつけたらいいのでしょうか?

注意点を見ていきましょう!

必ずアルコールに対応している容器を使う

元々アルコール消毒液が入っていた容器を洗浄して詰め替える分には、心配がないと思うのですが……。

別の容器を買ってきて、詰め替える時は要注意!

必ず「アルコール消毒液を入れても大丈夫」な容器を選んでくださいね。

ちなみに、アルコールに耐えられる材質は主にPE(ポリエチレン)、PP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニル)などがあります。ただそれらすべてが対応しているかというと、そういうわけではなく、注意事項に「アルコールNG」と書いてあるものもあります。

必ず確認するようにしてくださいね。

 

もしアルコールに弱い材質の容器を使用してしまった場合、ひび割れや変色、さらには溶け出してしまうこともあります。

火気の近くで詰め替えない

アルコール消毒液を詰め替える時に、燃えやすい蒸気がでてくることがあります。

火気の近くで詰め替えをすると危険なので、通気性の良い場所や、換気ができる場所で詰め替えをしてくださいね。

 

 

あとこれは使用するときの注意点ですが、ついうっかりやってしまうと危険なので、下記の内容は覚えておいてくださいね。

車での移動時、ついつい車内にアルコール消毒液を置いたままにしてしまう……なんてことはありませんか?

「ちょっとくらい大丈夫!」と思ってしまいがちですが、暑い日などに車内にアルコール消毒液を放置しておくと、最悪の場合車両火災に繋がってしまう可能性もあります。

アルコール度数が67%前後より高い製品は、消防法上では「危険物」に当たります。

引火するおそれが高くなってしまうので、扱い方には注意が呼びかけられています。

暑い夏などは車内の温度が80度近くと、かなりの高温になってしまうこともあるので、ついうっかり車内に放置してしまった……ということがないよう、十分注意しましょう!

まとめ

今回はアルコール消毒液について、継ぎ足しはOKなのか、混ぜても大丈夫なのかに合わせて、詰め替え時の注意点をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

日々使う回数が増えた、アルコール消毒液。

すでに使うことが当たり前になってきていますが、どうやって手入れをするかなど、わからないことも多いですよね。

消毒・除菌目的で使っていても、アルコール消毒液がキレイでなくては、意味がありません。

まだまだ続く、アルコール消毒液を使用する生活。

少し面倒かもしれませんが、きちんとした補充方法を覚えて、アルコール消毒液の効果を十分発揮して使いましょう♪

 

 

 

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました